垣根の屋根の棟木の加工

垣根の屋根を付けるための棟木を削りました。幅四寸五分、厚み一寸五分の材料が必要でしたがこんな上手い材は手持ちに有りません。有っても買い求めたらえらい値段になるでしょう。そこでこの様に板を重ねボンドで貼ってそれなりの格好にしあげました。棟木の上に屋根板が乗るので貼り合わせたところは見えなくなります。

このように四寸五分の一寸二分の材に貫板を貼って、右側にある勾配定規をつけた自動カンナで削って棟木を山型に削っていきます。

一度には削り込めないので何回かに分けて少しずつ山型に落としていきます。

削った棟木の上に屋根板がこのように乗ります。貼り合わせた貫の幅が少し狭かったので矢印の部分に少し空洞が空きます。しかしこの空洞は垣根の木口からしか見えないのでさほど気にすることはありません。

出来上がった棟木です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です