講習会(道具箱作り)

 

今回は参加者三人、道具箱作りです。

まず板を削ります。それから側板の木取りをします。外側を木裏にするか木表にするかを決めて、底板の入る溝を突いていきます。

次に蓋になる部分を溝を突いて目板を入れボンドで貼ります。乾くのにしばらく時間がかかるので箱本体より先に済ませます。

カラ組して底板、ベニヤの大きさを確認して側板を組んでいきます。ボンドをつけ超仕上げ釘打ち機で仮止めしてから、潰して焼き入れをした釘を打っていきます。

最後に持ち手を付け、蓋がずれない様にする裏ざんをつけます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

講習会(9/12)